«  Cameo | トップページ | ホール&オーツ来日公演 »

2010年12月23日 (木)

 Duran Duran

Girls On Film 「グラビアの美少女」  デュラン・デュラン

【UK singles Chart.】  最高位 5位 (1981年)

英国の有名なニュー・ウェーヴ・ポップ・ロック・バンド。 ニュー・ロマンティックス。
'80年代に大旋風を起こした第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの代表格の一つ。
メンバーは、サイモン・ル・ボン(Vo)、ニック・ローズ(Key)、ジョン・テイラー(Bass)、アンディ・テイラー(G)、ロジャー・テイラー(D)。
音楽・ルックスの両面から'80年代の人気は加熱し、ピーク時はミーハー的ファンの熱狂ぶりが凄かったです。 中でもジョン・テイラーの人気は高かったですね。
個人的に音楽面では、初期の'81~83年あたりの曲が最も好きでした。(もちろんファンの期待に応え、ヒット曲を出し続けてくれた熱意にはとても敬服しています。)

「グラビアの美少女」は、怪しさ漂うセクシーなPVにサウンドが絶妙にマッチした作品。
当時TVでセクシーな未検閲(uncensored)のノーカット・ロングバージョンのPVを観た記憶はなかったですが、今は動画共有サイトで探せば観れるようで、いい時代になりましたね(笑)。

 

 

 

Hungry Like The Wolf 「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」  デュラン・デュラン

【Billboard年間ランク】 1983年 17位  
【Billboard  Hot100】  最高位  3位
【UK singles Chart.】  最高位  5位

この曲が、アメリカでの成功のきっかけとなりました。
PVは、撮影地スリランカ3部作の一篇で、高い評価を受けました。

 

Is There Something I Should Know? 「プリーズ・テル・ミー・ナウ」  デュラン・デュラン

【Billboard年間ランク】 1983年 55位  
【Billboard  Hot100】  最高位  4位
【UK singles Chart.】  最高位  1位

この曲は、サビ部分の独特な盛り上がり方に惹かれました。
ライブ動画でどうぞ。

【Amazon MP3ダウンロード】 Duran Duran

 

 

 

 

   人気ブログランキングへ   にほんブログ村 音楽ブログへ   ←クリックの応援投票募集中☆

|

«  Cameo | トップページ | ホール&オーツ来日公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556776/50335470

この記事へのトラックバック一覧です:  Duran Duran:

«  Cameo | トップページ | ホール&オーツ来日公演 »