«  Bryan Adams | トップページ |  Bananarama »

2010年4月18日 (日)

 Wham!

Last Christmas 「ラスト・クリスマス」  ワム!

【Billboard年間ランク】 1985年 --位  
【Billboard  Hot100】  最高位   --位
【UK singles Chart.】  最高位  2位
クリスマスソングとしてリリースされたため、米国では上位にチャートインせず、
ただし、'86年末にも話題になり'87年初に45位を記録。

英国のポップ・デュオ。
学生バンド仲間のジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリーで結成。
英国では、BBCの人気番組「Top of the Pops(TOTP)」に出演後、一躍アイドル的人気を得る。
初期の「クラブ・トロピカーナ」「バッド・ボーイズ」などアップテンポなナンバー、
その後の「フリーダム」「ケアレス・ウィスパー」など、多数のヒット曲で世界的に人気を博した。
解散後も、ヴォーカルのジョージ・マイケルはソロ活動で他のアーティストと共演するなど、
幅広く活躍した。
「ラスト・クリスマス」 は、クリスマス・ソングの定番として有名な名曲。

 

 

 

Young Guns (Go For It) 「ヤング・ガンズ」  ワム!

【UK singles Chart.】 1982年 最高位 3位

ワム!が一躍ブレイクした、デビュー後2枚目のシングル。 
この曲でTOTPに初出演し、一躍アイドル的人気を得ることに。
私がラジオで初めて彼らの曲を耳にしたのがこの「ヤング・ガンズ」と次の「バッド・ボーイズ」でした。
あの時はよく似た曲なのでアレンジした別バージョン曲かと思いました。
今、当時見てなかったPVを見ると、彼らの輝くパワーを感じずにはいられません。

 

 

Bad Boys 「バッド・ボーイズ」  ワム!

【Billboard年間ランク】 1983年 --位  
【Billboard  Hot100】  最高位   60位
【UK singles Chart.】  最高位  2位

ワム初期の傑作。 日本でマクセルのCMに本人達の出演とともに採用されました。

 

 

Club Tropicana 「クラブ・トロピカーナ」  ワム!

【Billboard年間ランク】 1983年 --位  
【Billboard  Hot100】  最高位   --位
【UK singles Chart.】  最高位  4位

タイトル通りトロピカルで開放的な名曲。
PVと貴重なライブ映像の2本立てで。

 

 

 

Wake Me Up Before You Go Go 「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」  ワム!

【Billboard年間ランク】 1985年  3位  
【Billboard  Hot100】  最高位  1位
【UK singles Chart.】  最高位  1位

空前の大ヒットアルバム「Make It Big」の1stシングル。
Wham!の人気絶頂期の代表曲の一つ。

 

 

 

Careless Whisper 「ケアレス・ウィスパー」  ワム!(ジョージ・マイケル) 

【Billboard年間ランク】 1985年  1位  
【Billboard  Hot100】  最高位  1位
【UK singles Chart.】  最高位  1位

ジョージ・マイケルが本国でソロ名義で出したシングル(米国ではワム!扱い)。
'85年の全米年間1位を獲得。
それまでのワム!のイメージを払拭させるアダルト路線の曲風。
PVの展開が悩ましいね(笑)。
日本でも西城秀樹などがカヴァーを出すなど、話題になった曲でした。

 

 

 

Everything She Wants 「恋のかけひき」  ワム! 

【Billboard年間ランク】 1985年 25位  
【Billboard  Hot100】  最高位  1位
【UK singles Chart.】  最高位  2位

この曲も印象に残る名曲です。

 

   人気ブログランキングへ   にほんブログ村 音楽ブログへ   ←クリックの応援投票募集中☆

|

«  Bryan Adams | トップページ |  Bananarama »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556776/47989733

この記事へのトラックバック一覧です:  Wham!:

«  Bryan Adams | トップページ |  Bananarama »