«  Nu Shooz | トップページ |  Quarterflash »

2010年4月22日 (木)

 Hall & Oates

Maneater 「マンイーター」  ホール&オーツ

【Billboard年間ランク】 1983年  7位  
【Billboard  Hot100】  最高位    1位

米国の有名なポップ・デュオ。 ダリル・ホールとジョン・オーツ。
'72年にデビューして以来、80年代後半まで数多くのヒット曲を生み出し活躍した。 
中でも80年代に入って、R&Bやソウルのテイストを取り入れたポップな曲で傑作が生まれている。
ちょうど私が洋楽を聴き始めた頃が、絶頂期の最中だったようです。
その中で、代表的な2曲を紹介します。
ダリル・ホールの歯切れのいい突き抜けるような歌声は気持ちいいですね。
横にいるオーツも、実はかなり歌がうまい、という話を聞いたことがあります。

 
 

Say It Isn't So 「セイ・イット・イズント・ソー」  ホール&オーツ

【Billboard年間ランク】 1984年 22位  
【Billboard  Hot100】  最高位   2位

ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソンの「 SAY,SAY,SAY 」に全米No.1を阻まれ、
4週連続全米第2位という記録が残っています。 
それでも彼らを代表する素晴らしい1曲に間違いないですよね。

 

 

 

Private Eyes 「プライベート・アイズ」  ホール&オーツ

【Billboard年間ランク】 1982年 44位  
【Billboard  Hot100】  最高位   1位

ホール&オーツは今聴くと、さらにその素晴らしさを思い知らされるアーティストですね。
ヒット曲を数多く生み出しているので、時代を遡ってさらに紹介してみようと思います。
(私は'83年頃に彼らを知りましたが、既に人気は高く、当時のFMの特集で初期の
 「サラ・スマイル」からのヒット曲紹介番組で彼らの過去の曲を覚えました。)
「プライベート・アイズ」は'82年のヒット曲。

 

 

 

Kiss On My List 「キッス・オン・マイ・リスト」  ホール&オーツ

【Billboard年間ランク】 1981年  7位  
【Billboard  Hot100】  最高位    1位

「キッス・オン・マイ・リスト」は'81年の大ヒット曲。
曲の歌い出しがとても印象に残ります。

 

 

Rich Girl  「リッチ・ガール」  ホール&オーツ

【Billboard年間ランク】 1977年 23位  
【Billboard  Hot100】  最高位   1位

「リッチ・ガール」は'77年の全米No.1ヒット曲。(80'sじゃありませんけど・・・いい曲ですので。)
ダリル・ホールの歌いっぷり、最高です。

 

 

 

Out Of Touch 「アウト・オブ・タッチ」  ホール&オーツ

【Billboard年間ランク】 1985年  6位  
【Billboard  Hot100】  最高位    1位

時代を80年代に戻し、彼らの最後の全米No.1ヒットとなった'85年の「アウト・オブ・タッチ」を紹介。
この頃には、80's主流のよりポップな曲風へ。 PVも凝った作りでした。
この曲が収録されたアルバム『Big Bam Boom』は、私も購入しました。

 


関連記事


ホール&オーツ 2011/2/26 武道館公演 行ってきました^^

ホール&オーツ来日記念企画の投票結果が出ました

ホール&オーツ 2011年2月、来日公演決定

 

人気ブログランキングへ   音楽ブログ 好きな曲  ←クリックの応援投票募集中☆

|

«  Nu Shooz | トップページ |  Quarterflash »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556776/48154186

この記事へのトラックバック一覧です:  Hall & Oates :

«  Nu Shooz | トップページ |  Quarterflash »